市民の健康増進を 大洲市と大手製薬メーカー連携協定【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2021.09.14 14:35

市民の健康増進を目指し、大洲市と大手製薬メーカーが連携協定を結んだ。

大洲市役所で行われた包括連携協定の締結式では、大洲市の二宮隆久市長と大塚製薬徳島支店の太期一郎支店長が、協定書にサインした。
協定では、大塚製薬が培ってきた健康増進に向けたノウハウを生かし、生活習慣病の予防セミナーやスポーツ啓発セミナーなどを開催する。
セミナーについては新型コロナの感染状況をみながら、早期開催を目指すという。

大塚製薬の太期支店長は「市民の方々の健康寿命の延伸につながれば」と話している。一方、協定締結を受けて二宮市長は「心豊かに楽しく過ごせる地域社会をつくりあげていきたい」などと語っている。
大塚製薬は、全国の自治体と同様の協定を結んでいて、県内では愛媛県、伊予市に続いて3番目。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース