折り紙で園児が影のアート体験 四国中央市【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛2021.01.14 10:19

四国中央市の保育園で、13日園児が折り紙を使った影のアートを体験した。
四国中央市の金生保育園を訪れたのは、香川県在住の切り絵作家、長谷川隆子さんで、年長の園児が「影絵遊び」を体験した。

園児らは、紙のまち、四国中央市で作られた折り紙を自由に折り、ハサミで切っていった。そして全員の折り紙を貼り合わせ、ひもで吊るしてライトを当てると、園児の歓声が上がる中、天井や壁に影が映し出された。

園児からは「楽しかった。」や「びっくりした」といった声が聞かれた。園児らは、寝そべったり自分でライトをあてたりして、影のアートを楽しんでいた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース