まん延防止解除 ひろめ市場も営業再開

この記事をシェア

  • LINE
高知2021.09.14 11:53

まん延防止等重点措置が解除された13日、高知市の繁華街は、飲食店が営業を再開するなど、少しずつにぎわいを取り戻していた。

13日午後6時頃の高知市帯屋町だ。

まん延防止等重点措置を受けて臨時休業していた飲食店などが店を開け、通りには少しずつ活気が戻っていた。

高知市のひろめ市場は、8月30日の休館から約2週間ぶりに営業を再開。

午後6時頃には、ほぼ満席になり、館内は観光客や常連客などでにぎわっていた。

高知市の飲食店などでは、重点措置の期間中、酒類の提供を行なわないよう要請されていたが、13日から午後7時まで可能になり、ワクチン接種を済ませたという大学生たちがお酒を楽しんでいた。

店の人は、営業の再開を喜びながらも、感染状況が落ち着かないまま店を開けることに不安も感じている様子だった。

一方で、館内には、臨時休業を続ける店もあった。

ひろめ市場によると、館内の54のテナントのうち5つの店が、週末限定で店を開けるなど営業再開を見合わせているという。

ひろめ市場では、県の要請に従い9月26日まで営業時間を短縮して午後8時までとし、酒類の提供は、午後7時で終了する。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース