金子総務大臣 デジタル化取組み視察 高知

この記事をシェア

  • LINE
高知2022.01.14 09:37

金子恭之総務大臣が、13日、県内各地をまわり、デジタル化に向けた様々な取り組みを視察した。

13日、高知入りした金子恭之総務大臣は、デジタル技術を活用した県内の先進的な取り組みを濵田知事と共に視察。

はじめに、シシトウを生産する南国市の次世代型ハウスを訪れ、温度や湿度などのデータをコンピューターで蓄積させ最適な栽培モデルを目指した取り組みを見学した。

続いて、金子大臣は、高知大学医学部などが昨年6月に開設した高知市内のオープンイノベーション拠点「MEDi」を訪問。

先端技術を活用した医療や防災研修として、金子大臣は、VR=仮想現実が映し出されるゴーグルを装着し、ワクチン接種のトレーニングなどを体験した。

「MEDi」では、産官学の連携によりデジタル技術を活用して医療資源が少ない地域の課題解決に取り組んでいる。

金子大臣は、デジタル化による都市と地方の格差解消を目指して政府が掲げる「デジタル田園都市構想」の促進に向けて「MEDi」の取り組みを参考にしていた。

また、濵田知事からデジタル化に必要なインフラ整備の支援や公共交通のデジタル化の推進など4つの政策が提言され、金子大臣は、「前向きに検討する」と述べた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース