高知市 3回目前倒し 接種券の発送始める

この記事をシェア

  • LINE
高知2022.01.14 11:31

新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種を早めるため、高知市では、14日から、85歳以上の高齢者を対象に、前倒しで接種券の発送を始めた。

新型コロナウイルスのワクチン3回目の接種は、2回目から8か月以上の間隔が必要だったが、新たな変異株「オミクロン株」への感染拡大に備えて、国は、65歳以上の高齢者を対象に3回目を前倒しして進めることにしている。

このうち、高知市では、85歳以上で昨年7月7日までに2回目の接種をした約8500人を対象に、14日から、3回目の接種券の発送を始めた。

3回目の接種は、2月1日からになる。

接種できるワクチンは、当初、ファイザー製になるが、順次、モデルナ製も入れて対応するとしている。

市では、今後、前倒し接種の対象年齢を広げ、3月29日から、65歳以上を対象に3回目の接種を始める予定だ。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース