JAバンク高知 2万袋の「花の種」寄贈

この記事をシェア

  • LINE
高知2021.01.13 12:22

子どもたちに自然を大切にする心を育んでもらおうと、JAバンク高知が県教育委員会に花の種を贈りました。
JAバンク高知は、子どもたちに自然を大切にする心を育むとともに、学校の環境美化について学ぶ教材にしてもらおうと、2009年から県教委に花の種を寄贈しています。
12日、県庁西庁舎でJAバンク高知の関係者が伊藤博明教育長にヒマワリやコスモスなどの花の種およそ2万袋の目録を手渡しました。
この花の種は、2月中に県内すべての公立小中学校と特別支援学校に届けられます。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース