「職域接種の要件緩和を」浜田知事 高知

この記事をシェア

  • LINE
高知2021.06.10 16:14

全国知事会議が、10日、ウェブ形式で開かれ、浜田知事は、新型コロナワクチンの職域接種について複数の会場での接種を可能にするなど要件の緩和を国に訴えるよう求めた。

全国知事会は、10日、ウェブ形式で開かれ、新型コロナウイルス対策や財政、防災など地方が抱える課題を話し合った。

この中で、浜田知事は、新型コロナワクチンの職域接種について、国が要件の一つにしている「同じ1か所の会場で2回接種すること」という点を指摘。

職域接種を検討している県内企業の中には「1か所に従業員を集めることが困難」との意見があがっているとして、複数の接種会場を設けることなど要件の緩和を国に求めることを訴えた。

また、浜田知事は、知事会議の後、報道陣の質問に応じ、県内での職域接種を促すために県の機関や学校の教職員、警察官など約1万3千人を対象にした職域接種を検討していることを明らかにした。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース