サッカー天皇杯 高知U J1徳島に惜敗

この記事をシェア

  • LINE
高知2021.06.10 11:57

サッカー天皇杯の2回戦が、9日夜、徳島県などでおこなわれ、高知県代表の高知ユナイテッドSCは、J1の徳島ヴォルティスに1対2で惜しくも敗れた。

徳島県鳴門市でおこなわれたサッカー天皇杯の2回戦。

高知ユナイテッドSCは、地元のJ1・徳島ヴォルティスに挑んだ。

試合開始早々の前半4分、ユナイテッドは、徳島にコーナーキックから先制点を奪われる。

さらに、前半終了間際、徳島が放ったクロスボールをクリアしようとしてオウンゴールとなり、前半で2点のリードを許してしまう。

反撃に出たいユナイテッドは、後半7分。コーナーキックからのヘディングシュートのこぼれ球を29番・下堂が左足で蹴り込み、1点を返す。

勢いに乗りたいユナイテッドだったが、格上の徳島を相手に得点を奪えずこのまま、1対2で試合終了。

高知ユナイテッドはJ1チームを相手に善戦したが惜しくも敗退となった。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース