夜間の集団接種へ 三沢市

この記事をシェア

  • LINE
青森2021.06.10 18:43

 新型コロナウイルスのワクチン接種です。
 三沢市は64歳以下の接種を円滑にするため夜間に集団接種を行うと発表しました。


 これは三沢市の小桧山市長と市立三沢病院の伊藤事業管理者が記者会見で発表しました。

★三沢市 小桧山吉紀 市長
「ワクチン接種のスピードを加速させたいと考えております」

 それによりますと64歳以下の接種を円滑に進めるため午後6時から午後8時までの夜間に集団接種を行います。
 平日のうち3日程度を見込んでおり開始する時期は高齢者の接種終了のめどがつく来月下旬ごろからを予定しています。
 三沢市では64歳以下の接種対象者がおよそ1万7000人で、夜間接種が行われれば仕事終わりでも接種が可能となります。
 場所は土日に集団接種が行われている国際交流スポーツセンターで、市立三沢病院の医師や看護師が全面的に協力し接種を行います。

★市立三沢病院 伊藤悦朗 事業管理者
「夜間の集団接種について(市から)要請を受けて院内で医師看護師の調整を行った結果 協力できる体制が整いました 市民のみなさまのワクチン接種がいち早く終えることができるよう努力してまいります」

 三沢市はワクチンの供給が順調にいけば接種の終了が予定より2か月早く11月中旬に8割に達し年内に終了すると見込んでいます。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース