ルール守り花見を 準まつり体制まで10日

この記事をシェア

  • LINE
青森2021.04.07 18:43

 弘前さくらまつりの準まつり体制まで10日となりました。
 弘前市の櫻田市長はことし定めたルールを守ってまつりを楽しむよう呼びかけました。


 これはきょう開かれた弘前市長の定例記者会見で述べたものです。

★弘前市 櫻田宏 市長
「ことしのさくらまつりは新型コロナウイルス感染防止の観点から園内での飲酒を禁止するなど様々な制約やお願いがある中での開催となります みなさまには安全・安心なさくらまつりを開催するためにもご理解協力をたまわりますようよろしくお願いします」

 弘前さくらまつりはことし出店での酒類の販売を禁止し営業時間を午後8時までといつもの年より1時間短くしました。
 また午前6時半から午後8時までの間は公園の入り口や外に13か所の受付を設けて入場する際の検温や連絡先の記入などを求め受け付けの証明としてリストバンドを渡します。
 このほか飲食する場所を指定したりライトアップの時間を短縮するなどさまざまな感染防止対策を行う中でも花見を楽しめるようルールを設けたもので、櫻田市長が改めて協力を呼びかけていました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース