八甲田 雪崩に巻き込まれ女性死亡

この記事をシェア

  • LINE
青森2021.02.21 23:16

きょう午後八甲田で雪崩が発生し、スノーボードで滑っていた女性が巻き込まれ亡くなりました。

きょう午後1時ごろ青森市の八甲田で「友人の女性が雪崩に巻き込まれた」と一緒に滑っていた男性から警察に通報がありました。
雪崩が発生したのは八甲田ロープウェーの山頂公園駅から西に400メートルの場所です。
救助隊が駆けつけると女性は1.5メートルの雪にうつぶせの状態で埋もれており、助け出した時にはすでに意識がなく午後4時半前に搬送先の病院で死亡が確認されました。
亡くなったのは東京都品川区の会社員 高下真希子さん40歳です。
高下さんは友人3人と一緒にコースから外れてロープウェーの下をスノーボードで滑っていました。

★青森放送 一戸亮太 記者
「ロープウェーの人によりますと八甲田はここ最近天気が晴れたり冷え込んだりを繰り返ていたということで雪崩が起きやすくなっていた可能性もあるということです」

きょうの八甲田は積雪が3メートル60センチあり山頂公園駅付近の気温は氷点下7℃まで下がっていましたが前の日には雨が降っていました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース