感染対策の認証制度 店舗調査 青森県

この記事をシェア

  • LINE
青森2021.06.10 18:41

 新型コロナウイルスの感染対策を講じている飲食店の認証制度で県はきょうから基準を満たしているか店の調査を始めました。


 県は飲食店の感染対策の徹底を図るため基準を満たす店を認証する制度「あおもり飲食店感染防止対策認証制度」を始めました。
 きょうは青森市本町2丁目の飲食店「日本料理 百代」で初めての調査が行われました。
 調査では県職員3人が消毒液の設置や換気の徹底などを調べて36項目の基準を満たしていることを確認しました。
 認証された飲食店は県のホームページで店の名前が公表されるほか感染対策を徹底している証としてステッカーが交付されます。

★日本料理 百代 浪内進 社長
「お客様が安全にお食事出来るように新型コロナウイルス対策に万全を期したい ようやく県が認証制度という事でこれが弾みになれば良いなと思っています」

★県保健衛生課 奈良 安祈子 総括主幹 *「祈」は「示に斤」
「このお店は県の基準に合致しているのがわかりやすくなると思うのでステッカーを貼ったお店を選んで頂けるのではないかと」

 また県は認証店に対し感染対策の経費を最大30万円支援する補助金の申請を受け付けています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース