日本原燃に感染対策など申し入れ むつ市長

この記事をシェア

  • LINE
青森2021.06.10 11:50

 むつ市の宮下市長は職場クラスターが発生し市内でも感染者が出ていることを受けて日本原燃に対し情報公開や感染対策の徹底などを申し入れました。


 これはきのう夜の記者会見でむつ市の宮下市長が明らかにしました。

★むつ市 宮下宗一郎 市長
「感染に関しても工事の事故と同じ程度に社会に影響を与えるものと認識していますので工事の事故同様に現場で起こしてはいけないものという認識のなかで取り扱っていただきたいということを申し上げています」

 それによりますと宮下市長はきのう夕方、日本原燃の増田社長に情報公開や感染対策の徹底などを電話で申入れをしたということです。
 六ヶ所再処理工場では日本原燃の協力会社の事務所で職場クラスターが発生しておりむつ市でもきのうまでに4人の感染が確認されています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース