N501Y変異 県内初確認 新型コロナウイルス

この記事をシェア

  • LINE
青森2021.04.07 18:48

 県は先月下旬以降に弘前保健所管内で感染が確認された1人から変異ウイルスが検出されたと発表しました。


 県によりますと変異ウイルスが検出されたのは先月下旬以降に弘前保健所管内で感染が確認された1人です。
 検出されたのは「N501Y」という変異を持つウイルスで県内では初めて確認されました。
 「N501Y」という変異はイギリスで最初に見つかったもので特徴としては一般的に感染力が強いとされています。
 ただ県の感染症対策を担う大西医師は今回検出された検体のウイルスの量が少なく「英国型」などといった変異の型を特定することができなかったと説明しました。
 県内ではこれまでに「E484K」という別の変異ウイルスも1件確認されています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース