取りやめか見直し 弘前市の不特定多数イベント

この記事をシェア

  • LINE
青森2021.06.11 18:40

 県の考え方に足並みを揃えました。
 弘前市は不特定多数が集まる催しや行事について開催を取りやめるか開催方法を見直すことにしました。


 これは弘前市の「新型コロナウイルス感染症対策本部会議」できょうから当面の措置として確認しました。
 当面の措置は不特定多数が集まる催しや行事などは開催を取りやめるか万全の感染防止対策が確保できるよう開催方法を見直します。
 県が示した考え方に足並みをそろえました。
 さしあたっては「食と産業まつり」や「菊と紅葉まつり」が検討の対象になるとみられています。

★弘前市 櫻田宏 市長
「不特定多数が集まる催しに関しては青森県の担当部局とも連携しながら慎重に判断し開催の可否を決定することとします」

 また新型コロナウイルスワクチンの接種日程についても確認し、対応に万全を期すよう申し合わせました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース