生理食塩水だけ誤注射 八戸市のワクチン個別接種

この記事をシェア

  • LINE
青森2021.06.09 18:43

 新型コロナウイルスのワクチン接種にミスです。
 八戸市は65歳以上の高齢者6人に誤って生理食塩水だけを注射するミスがあったと発表しました。
 健康被害は確認されていません。


 新型コロナウイルスのワクチン接種でミスがあったのは八戸市内の医療機関で、今月4日行われた65歳以上の高齢者向け個別接種です。
 看護師がワクチンを準備した際、誤って使い切ったワクチンの容器に生理食塩水を注入しました。
 そしてこの医療機関で接種を受けた12人のうち6人が生理食塩水だけを注射されました。
 生理食塩水はワクチンを薄めるためのもので、今のところ健康被害は確認されていません。
 今後、抗体検査でワクチンを接種していない人を確認したうえで改めて1回目の接種が行われます。
 調査の結果、看護師間の引き継ぎや作業手順の確認が不十分だったことなどがミスの原因で、八戸市保健所は医療機関に対し再発防止を指導しました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース