青森市にワクチン到着 高齢者の接種へ

この記事をシェア

  • LINE
青森2021.04.08 19:31

 今月12日に始まる高齢者を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種です。
 きょう青森市に最初のワクチンが届けられました。


 青森市保健所にはきょう午前9時半ごろ青森市の接種で使われる最初のワクチンが届きました。
 新型コロナウイルスのワクチンは今月12日から65歳以上の高齢者への接種が全国で始まります。
 県内の市町村で最初に始まるのが青森市とむつ市で、国からそれぞれ975回分のワクチンが配分されました。
 届いたワクチンはアメリカの製薬大手「ファイザー」のもので職員が保存状況などを確認したあと超低温の冷凍庫に保管しました。
 青森市は今月12日から23日にかけて市内11か所の介護老人保健施設の入所者に最初のワクチン接種を行うことにしています。

★青森市保健部 坪真紀子 部長
「国から示された日程・量でワクチンが第1回目到着しました 私どもは市民の皆さんに安全・円滑にワクチン接種頂けますようワクチンの接種体制の準備を進めていきたい」

 また、むつ市にはきょう午後、最初のワクチンが届いたということです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース