新嘗祭 巫女舞を奉納 青森市 廣田神社

この記事をシェア

  • LINE
青森2021.11.23 18:43

 農作物の収穫に感謝する新嘗祭が青森市の神社で開かれ小中学生と高校生の女の子たちが巫女舞を奉納しました。


 新嘗祭が開かれたのは青森市の廣田神社で農作物を奉納した生産者など20人が参列しました。
 新嘗祭は秋の実りに感謝して農作物を奉納する祭りでことしは県内7組の生産者がりんごやコメそれに野菜を供えました。
 神事では青森市内の小中学生と高校生の女の子あわせて5人が巫女舞を奉納しました。
 女の子たちは花冠に榊を持ち華麗に舞って収穫を感謝しました。
 廣田神社では6年前から市内の子どもたちに巫女舞を指導しており5人のうち3人はことしから稽古を始めたということです。

★小学4年生 樋口空羽さん
「いつも練習している所じゃない所でやって人も多かったからすごく緊張したけどちゃんとできたので良かったです」

★高校2年生 乗田雫杏さん
「(稽古は)いつもより少ない時間しかなかったんですけど上手にみんなで心を込めて舞えたと思うので良かったです」

 奉納された農作物は県社会福祉協議会を通じて県内の子ども食堂やひとり親世帯に贈られます。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース