大田市で初の感染確認 2人とも変異株感染の疑い 接触者は特定 島根県

この記事をシェア

  • LINE
島根2021.04.08 19:40

島根県では7日の検査で新たに2人の感染者が確認された。
この2人は大田市在住の同居している60代の男性と女性。大田市では初の新型コロナ感染確認となった。さらに…。
「昨日、保健科学研究所で変異株かどうかのスクリーニング検査を実施し、その結果、両患者さんとも変異株であることがわかりました。」
スクリーニング検査の結果、2人とも変異株の疑いがあるとされ、今後、国立感染症研究所でどの変異株にあたるか確定検査をする予定。男性は発症日の3月31日以降、咳や頭痛、39度台の発熱などの症状があり、現在も咳や息切れなどが続き、中等症。女性に症状はない。
2人は発症日の14日前以降に、変異株が確認されている県外での滞在歴があるという。県の発表によると、2人から感染するおそれがある期間の接触者については特定できているという。
島根県での感染確認はこれで291人となった。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース