春のセンバツ 鳥取城北高の初戦は三島南高

この記事をシェア

  • LINE
鳥取2021.02.23 19:26

3月に開幕する春の選抜高校野球大会。23日は組み合わせ抽選会が行われ、中四国地区の代表に選ばれている鳥取城北高校の初戦の相手が決まった。
3月19日に開幕する第93回春の選抜高校野球大会。新型コロナウイルスの影響で去年の甲子園交流試合と同様、全国の代表校32校がWEB会議システムを使って、リモートで抽選を行った。抽選会には中四国地区の代表校、鳥取城北高校の畑中未来翔キャプテンが参加。気になる初戦の相手は…?
「10番です。鳥取城北高校は10番に入りました。」
鳥取城北高校の初戦の相手は静岡県の三島南高校。21世紀枠で選出され甲子園へは初出場の高校。
三島南高校の印象は?
畑中主将:「投打ともにバランスの取れた総合力の高いチームだと思います。最後まで粘り強い野球をしたほうが勝つと思うので、これからの練習でプレッシャーをかけあって、接戦を想定してやっていきたい。」
去年は新型コロナウイルスの影響で春・夏共に中止となった甲子園。開幕まで1か月を切った。
鳥取城北高校 山木博之監督:「高校野球っていいよなって、皆さんに思ってもらえるような姿を見せることが僕たちの義務だと思っている。開催はうれしいですし、そこで頑張りたいなという気持ちです。」
畑中主将右:「目標は日本一ですが、目先の一戦一戦に集中して自分たちがやってきたことを出し切って、大会が開催されることに感謝して日本中に勇気や元気を与えるプレーをしたい。」
鳥取城北高校は大会2日目(3月20日)第2試合が初戦。コロナに負けない熱いプレーに期待したい。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース