松江市 総額981億円の当初予算案を発表

この記事をシェア

  • LINE
島根2021.02.18 19:46

松江市は新型コロナ対策などを盛り込んだ総額981億円となる新年度の当初予算案を発表した。
松江市が発表した新年度の当初予算案は総額981億7600万円で前年度に比べておよそ20億円下回った。このうち新型コロナ対策は約5億円が充てられている。主な内容としては妊婦のPCR検査の費用を支援する事業に312万円。また新規の事業として商工会議所に新型コロナの相談員を配置する支援策に660万円を計上している。
松浦正敬市長:「コロナについては間断なく対策を講じていかないといけない。」
松江市はこのほか人口減少対策なども当初予算案に盛り込んでいて、予算案は24日から始まる市議会で提案される予定。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース