総額152億7000万円の補正予算を提案 新型コロナ対策や大雨復旧事業など

この記事をシェア

  • LINE
鳥取2021.09.14 19:15

鳥取県の9月定例議会が14日開会し、新型コロナ対策などに総額152億7000万円余りの一般会計補正予算案が提案された。

鳥取県 平井伸治知事:「WeLove山陰キャンペーンを感染状況改善時に再開実施するとともに、宿泊事業者が実施する感染防止やワーケーション対策の支援拡大サウナによる観光振興などを展開していきます。」

鳥取県議会14日開会した9月定例県議会に提案された補正予算案には、新型コロナ感染拡大の影響で利用が停止しているWeLove山陰キャンペーンの再開事業にかかる費用として約16億7000万円が計上されている。

加えて、今年7月の大雨や台風9号で被害を受けた、公共土木施設などの復旧事業費に、およそ79億円を充てている。

鳥取県の9月定例県議会は来月11日まで開かれる。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース