米子市でワクチン集団接種の先行予約始まる 接種会場周辺地区の高齢者が対象 鳥取県

この記事をシェア

  • LINE
鳥取2021.04.05 19:31

米子市では5日朝から、一部の地域に住む高齢者を対象とした新型コロナウイルスワクチン集団接種の先行予約が始まった。県外にあるコールセンターで朝8時から先着順で電話を受け付けた。(5日~9日まで午前8時~午後5時15分)
米子市では当初4月からの接種開始を目指していたが、対象の高齢者は約4万5000人で、4月中は1000人分のワクチンしか供給されないため、対象者を絞った先行集団接種の実施となった。
対象となるのは集団接種の会場(米子市福祉保健総合センターふれあいの里)の近隣地区である啓成地区と義方地区に住む65歳以上の高齢者4500人。
米子市新型コロナウイルスワクチン接種推進室・仲田敦美室長:「電話の方、結構たくさん予約の方が入っているということで、1人でも多くのみなさんに接種していただきたいと思う。」
米子市の集団接種は、1回目が4月24日から5月9日までの4日間と、2回目が5月15日から30日までの4日間で実施される。先行集団接種の対象者以外の高齢者への接種は、5月中旬に開始する予定となっている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース