とっとり県民の日に合わせモールでフェア “鳥取のうまいもん”が集結

この記事をシェア

  • LINE
鳥取2021.09.10 19:42

9月12日は明治14年に現在の鳥取県が誕生した日にちなみ、「とっとり県民の日」と定められている。鳥取県内ではこの日を多くの人に知ってもらおうと様々な企画がされている。

鳥取市にあるイオンモール鳥取北で10日から始まったのは、その名も「とっとり県民の日フェア」。9月12日の「とっとり県民の日」にあわせて“鳥取のうまいもん”が数多く集められた。

駅弁として県内外で親しまれているカニ寿司や県民が愛するカレーを使った商品などおよそ110点販売されている。

訪れたお客さん:「カニ寿司を大好きで、いつもこれが出たら買って食べてます」「懐かしいのもあってね、例えば亀井堂さんのマイフライ。それがまだ残ってて、それも今日買って帰ろうと思てって。」

8回目となる今回のフェア。北栄町のドライイチジクや県内産の魚介を使ったラーメンなどが新たに出店した。

イオン鳥取北店 市川裕記店長:「ぜひとも鳥取県の農林水産物のいろいろな商品を目で楽しみ、味で楽しみ、舌で楽しんでいただきたいと思っています。」

とっとり県民の日フェアは12日までモールの1階、食料品売場で開かれている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース