出雲そばなど「新そば」をPR 飛び石連休最終日に新そばまつりを開催 島根県出雲市

この記事をシェア

  • LINE
島根2021.11.23 19:24

旬を迎えた出雲そばなどを味わう新そばまつりが23日、出雲市で開かれた。
あたたかい釜揚げと、のどごしを楽しめる割子の2種類の新そばがワンコインの500円で振舞われた。

訪れた人:「寒いから人が少ないかなと思ったけど結構いるね。」

訪れた人:「おいしい。」

そばを作っているのはそば屋…ではなく、そば好きの会社員などで構成した同好会。落ち込む冬の観光シーズンを盛り上げようと去年から始めたという。店では食べられない味という珍しさもあり、800杯用意した釜揚げそばは、お昼を前に完売していた。

またイベントでは、出雲農林高校のそば部によるそばづくりも行われ、高校生たちは、そば粉をねる作業からそば打ちまで全ての工程を披露した。

神在月出雲そばまつり実行委員会 福間正純幹事長:「天候も荒れていたので心配していたけど、たくさんの方に来ていただいて本当に嬉しく思っている。」

本格的な寒さとなった飛び石連休最終日。主催者は来年以降もこのイベントを開催し、地元の新そばをPRしたいとしている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース