ゴールデンウィーク恒例「全国うまいもの博」にぎわう おなじみの味や島根県初登場のスイーツも 松江市の百貨店

この記事をシェア

  • LINE
島根2021.05.03 19:53

松江市の一畑百貨店ではゴールデンウイーク恒例の「全国うまいもの博」が賑わっている。
会場には人気の「いかわさび」など北海道の海の幸を使った珍味や、和三盆糖を使ったわらび餅といったおなじみの味がずらり。また、ジューシーな厚切りのカツを挟んだカツサンドやからあげの聖地といわれる大分県中津市のからあげなどが実演販売されている。
こちらは厳選した山形牛を焼き上げたサーロインステーキ弁当。とろけるうま味とさっぱりした後味が特徴で、1日に用意される限定30折が連日完売する人気。
スイーツも充実しているうまいもの博。外はカリッ、中はフワッとした食感が楽しめるパン型フィナンシェは、島根県初登場となる。訪れた人:「けっこう豊富で目移りしちゃうような感じですね。」
Q.今日はどんなものを買いましたか?
訪れた人:「カキ、オイスター漬け。あまり外出できないので、たまにはこういうところで美味しいものを買って、家で食べようかなと思っています。」
新型コロナの影響で旅行を控える人が多い今年のゴールデンウイーク。山陰にいながら全国の絶品グルメが味わえるとあって、訪れた人は旅をした気分で買い物を楽しんでいるようだった。
「全国うまいもの博」は5日まで、松江市の一畑百貨店で開催される。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース