プラレールで若桜駅再現 SL模型とコラボ展示 鳥取県八頭町

この記事をシェア

  • LINE
鳥取2021.05.03 12:17

鳥取県八頭町でミニSLとプラレールのコラボレーション展示が行われている。
精巧に再現された日本やイギリスなどのSL模型。その模型と同じスペースには、「給水塔」に「ピンクのSL」。「プラレール」によって、若桜鉄道の若桜駅の名物が再現されている。
鳥取県八頭町のミニSL博物館「やずぽっぽ」で行われているのはミニSLとプラレールのコラボレーション展示。GW期間中、訪れた親子連れや鉄道ファンに楽しんでもらおうと企画された。
やずミニSL博物館 山根徹館長(右・11秒)「こういうミニSLと一緒に(プラレールが)見られるというのは、なかなかないもので、大変喜ばれております。」
このイベントは、5日まで毎日開催されている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース