新型空中給油機 配備同意の方向で協議へ 鳥取県・境港市・米子市

この記事をシェア

  • LINE
鳥取2021.11.21 19:23

21日、鳥取県の平井知事は航空自衛隊美保基地に配備される予定の新型空中給油機を視察。配備について境港、米子の両市長と意見交換を行い、同意の方向で協議を進める考えを明らかにした。

新型空中給油機は境港市の航空自衛隊美保基地に6機配備される予定となっているが、鳥取県は配備に同意するか否かの回答をこれまで留保している。

鳥取県の平井知事は21日、境港・米子の両市長とともに空中給油機を視察し両市長と意見交換を行った。

鳥取県 平井伸治知事:「両市長が(配備について)同意の方向を今日おっしゃった。私どもとしても、その同意の方向で協議をまとめていければと思っている。」

鳥取県は25日に開かれる県議会に諮り、最終的な回答を行いたいとしている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース