結婚式場で記念日を 新型コロナも影響 新たな事業を展開 

この記事をシェア

  • LINE
鳥取2021.10.11 19:21

新型コロナの影響などで結婚式場も様変わりしている。松江市と米子市を拠点とするブライダル関連会社が、結婚式以外にも式場を提供する事業を新たに始めた。

このほど生まれ変わった施設、「アニバーサリープレイス」。米子市にある結婚式場で、チャペルや最大収容人数100人の披露宴会場などが設けられている。しかし、こちらで祝えるのは結婚式だけではない。

KASANEYONAGO奥村吉雄デイレクター:「結婚式だけではなく様々な形で皆さまのいろいろな記念日、お祝い事で使っていただけるレストラン。(特に)結婚記念日という毎年訪れる記念日を一緒にお祝いさせていただければと思っている。」

結婚記念日を対象にしたサービスでは、”結婚記念日ならではのお祝い会食”を楽しめるのが大きな特徴だ。この日は、関係者などを集めた内覧会が行われ結婚記念日の会食メニューが披露された。

オリジナルの「洋」と「和洋折衷」の2コースが用意されている。このうち「洋のコース」は、フランス料理のフルコースだ。ベリーを使った鳥取和牛のステーキや大山山麓で収穫された新鮮な野菜などを使った前菜の他、チョコレートの中にアイスなどが入った遊び心が溢れたデザートも。10品の豪華なコースで記念日にふさわしく見た目も華やかな特別メニューとなっている。

試食した人は:「初めてこういう(フルコース)本当においしい。本当に憧れるね。(結婚記念日に)ここに連れて来てもらったらうれしい。」

試食した人は:「(結婚記念日に)1回で終わりじゃなくてこう続けて記念日ごとに来れたら素敵だと思う。」

こうした新たな事業を始める背景には、近年若者を中心に結婚式を挙げない傾向が高まっていることに加え新型コロナの影響で結婚式の件数が、減少していることがあげられる。こうした現状を打開しようと結婚式以外のお祝いごと。特に結婚記念日に着目したという。

KASANEYONAGO奥村吉雄デイレクター:「どうしても(新型)コロナによって結婚式される方、敬遠されることもあったので、結婚式のみならずいろいろな形で気軽に(結婚式場を)ご利用いただける施設にしていきたいという思いで今回オープンさせていただいた。」

結婚式場が手がける新たなサービス。結婚式だけでなく、結婚記念日や誕生日なども祝える場所へ。新たなビジネスモデルとしても注目されそうだ。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース