鳥取県米子市 ワクチン3回目の接種準備へ 順調なら12月に医療従事者から

この記事をシェア

  • LINE
鳥取2021.10.13 19:35

米子市伊木隆司市長:「米子市といたしてもワクチン接種をさらに有効にするためにも”3回目のワクチン接種”を進めていこうと考えているので、市民の皆さまのご理解ご協力をいただきたい。」

政府が12月から無償で実施する方針を示している新型コロナの3回目のワクチン接種。厚生労働省は、全国の各自治体に対して接種体制づくりなどの準備を進めるようすでに要請している。

これを受けて米子市の伊木市長は、近く必要な補正予算を組むとともに県と調整しながら準備を進めていく考えを示した。

3回目のワクチン接種の対象となるのは、2回目を終えてからおよそ8か月以上を経過した人となっている。米子市では、順調に進めば12月から医療従事者を対象に。また来年2月頃には65歳以上の高齢者を対象に3回目のワクチン接種を始めたいとしている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース