宣言受け 島根県は自粛要請の内容を厳しく

この記事をシェア

  • LINE
島根2021.01.08 19:22

1都3県の緊急事態宣言を受けて、島根県は1月4日に県民に向けた行動自粛要請の内容を一部厳しくした。
島根県は8日午後、新型コロナの対策本部会議を開き緊急事態宣言の内容や対応を確認した。島根県は宣言発出を見越し、4日にすでに県民に具体的な行動自粛要請を行っているが、今回この内容を一部厳しくしている。
具体的には1都3県との往来について「すでに予約済みチケットなどのキャンセル料を負担してまで取りやめは必要はない」としていたが、これを削除。
また、県境をまた移動の自粛について「仕事の場合」を省いていたが、「やむを得ない仕事の場合」に変更。
要請期間は緊急事態宣言と同様2月7日までで、要請内容は島根県のホームページなどで確認できる。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース