地方3団体代表が山際国務大臣に提言提出 コロナ第6波に備えた対応など

この記事をシェア

  • LINE
鳥取2021.10.14 13:15

県・市・町村の地方3団体の代表が新型コロナの対策について山際国務大臣と意見を交わした。

13日オンラインで開かれたこの会談は政府に地方の声を聞いてもらおうと、全国知事会が呼びかけて実現した。

全国知事会 平井伸治会長:「地方の実情を踏まえていただき、現場が動きやすいようにしていただく、実情に沿った対策をしていただくようにご配慮いただきたくお願いを申し上げる次第です。」

この中で平井会長は今月2日の全国知事会で出た新型コロナの第6波に備えた5波の分析・検証などを国に求める提言を提出した。

山際大臣は「感染者が減少傾向にあるこの時期に第6波に向けて準備をしていく」とし、「地方が対策に必要な具体的な予算を提示して欲しい」と前向きに検討する姿勢を見せた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース