鳥取県琴浦町で高齢者施設対象の3回目接種 鳥取市でも準備進む

この記事をシェア

  • LINE
鳥取2022.01.13 19:23

オミクロン株による感染が山陰でも拡大する中、ワクチンの3回目接種が進められている。
琴浦町では、13日、高齢者向けの3回目接種が始まった。

13日、高齢者向けの3回目接種が始まったのは、琴浦町にある高齢者施設「陽だまりの家とうはく」だ。
こちらの施設は、2回目の接種から8か月が経過したことで、入所者と職員合わせて約80人が接種した。

接種した職員:「ワクチンを接種できたことは安心しているが、感染しないわけではないので引き続き、感染予防には務めて参りたい。」

陽だまりの家 伊藤典章代表取締役:「13日に鳥取県中部で(陽性者)7人と聞くし非常に危機には感じている。そういった中で接種させて頂いたことを非常に良かったなと。」

各市町村も順次準備を進めており、鳥取市では17日の週から、また松江市ではすでに始まっていて、2月1日からは一般高齢者向けの接種を始めるとしている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース