鳥取市の公園で 園児が待望の雪遊び

この記事をシェア

  • LINE
鳥取2021.02.19 19:34

鳥取市内の保育園では、朝からせっせと荷物を運ぶ子どもたちの姿が。
まだ冷たい風が吹く中、バスに乗り込んで向かった先は、一面銀世界が広がる湖山池近くの公園。『自然保育』をモットーに掲げる“風りんりん”ではこうした自然あふれるフィールドに毎日出かけ、身体を動かしている。
18日は、市内に大雪警報が出たため雪遊びができなかったという園児たちだが、19日は次第に天気も回復。真っ白な雪を手に待望の雪遊びとなった。
園児たちは雪の上を駆け回り、辺りは一瞬にして足跡だらけになっていた。
園児:「楽しい!(Q.どんなところが楽しい?)(雪を)転がすところ。」
園児:「冷たい!」
園児:「きのうは家で雪かきをしました。」
園児:「(Q.景色がきれいだけどどう?)いい気持ち!」
気象台によると山陰地方は20日、21日も高気圧に覆われて晴れる予報。特に21日は最高気温が20℃近くまで上昇し、春を思わせる暖かさになる見込みで、気温の上昇によるなだれや屋根からの落雪に注意が必要。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース