丸山知事 理解得られるよう努力したい

この記事をシェア

  • LINE
島根2021.02.19 19:32

17日、聖火リレーの中止を検討するとの考えを明らかにした島根県の丸山知事。発言後、初めて行われた19日の定例会見で丸山知事の発言に注目が集まった。
丸山知事:「反響の大きさは予想以上です。賛否分かれる反応だということです。」
丸山知事は、中止を検討する理由として、東京での新型コロナ感染拡大が抑えられていないこと、感染が広がっていない地域に経済支援がないことなど、国や東京都の新型コロナ対応が不十分なことを挙げている。
19日の会見で、丸山知事は自身の発言について、賛否ともに多くの意見があったと受け止めているものの、理解を得られるよう努力したいと、考えに変わりがないことを示した。
丸山知事:「オリンピックパラリンピックの東京での開催について、現状のままでは賛成できない。聖火リレーについても、県として財政負担をして協力していくことは、現状のままではしがたい。」
また、島根県選出の竹下亘衆議院議員が、丸山知事の発言に対して苦言を呈したことについては。
丸山知事:「病気療養をされていて、復帰もされていますが、なかなか地元に入られていないと伺っていますので、島根県内の厳しい状況を十分にご理解されていないことによる発言だと思っております。」
知事からの事前の説明が不十分だったとしながら、地元の現状を分かっていないと意見しました。
丸山知事は今後、国や地元選出の国会議員に対して、自ら要望に出向く考えだとし、できるだけ早く日程を調整し実施したいとしている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース