開館14周年 青山剛昌館でライトアップ

この記事をシェア

  • LINE
鳥取2021.02.22 19:26

今年で14周年を迎える鳥取県北栄町の青山剛昌ふるさと館。これを記念して施設を照らすライトアップが始まっている。
鳥取県北栄町にある「青山剛昌ふるさと館」。名探偵コナンの作者として知られる青山さんの作品の原画などにじっくりと触れることができ、県内外から多くの人が訪れる。2007年の3月にオープンしもうすぐ14周年。オープンから14年を祝うため、一足早く20日から始まったのが…。
「3、2、1点灯。」
ふるさと館の外壁や敷地内のオブジェを照らすライトアップ。来場者や地元の人に向け、より建物や野外のオブジェなどが際立つようにと3か所のライトで照らされている。この日は事前にライトアップの告知は行なっていなかったが、たまたま来場したファンや地元の人が訪れ写真を撮る姿が見られた。
訪れた人:「(Qコナンは好き?)大好きです。きれいで(オブジェが)ライトアップされていてかっこいい。」
青山剛昌ふるさと館 石田敏光館長:「ずっとライトアップができればと思っていた。やっと14周年に向かってということで、やっとできた。当館も新型コロナ対策はしっかりとしているので、ゆっくりと来ていただければ。」
このライトアップは3月29日まで、午後6時から9時の間行われる。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース