鳥取砂丘コナン空港で手作りワークショップ 利用者減少の中地元の人に立ち寄ってもらおうと開催

この記事をシェア

  • LINE
鳥取2021.05.03 19:55

鳥取砂丘コナン空港では、2日から手作りワークショップが開催されている。
「紙飛行機チャレンジ」は自分で折った紙飛行機を飛ばし、輪の中を通ればお菓子がもらえる。
子ども:「紙飛行機飛ばした!」
Q.やってみてどう?
「楽しかった!」
また、お気に入りのデザインでオリジナルの缶バッチを作ることができるコーナーも。
コロナ禍で空港の利用が減少する中、地元の人に気軽に立ち寄ってもらおうと今回のワークショップが企画された。
子ども:「コナン空港とかに来たときに(バッチを)つけたい」
保護者:「(新型)コロナで県外に出ることができないので、子どもが遊べるようなイベントがあると来てみようかなという気持ちにはなる。」
このワークショップは5月4日まで開催されていて、あすはコースター作りも体験できる。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース