西ノ島町議選 投票用紙を誤って2枚交付

この記事をシェア

  • LINE
島根2021.02.23 12:18

島根県西ノ島町の選挙管理委員会は、21日投票が行われた町議会議員選挙で、1人の有権者に対し誤って投票用紙を2枚交付した事実を公表した。
西ノ島町選挙管理委員会によると、投票用紙の交付ミスがあったのは大津集会所に設けた第6投票所で、午前7時から午前8時10分の間に投票に訪れた有権者の数と投票用紙の束の残りの数が合わないことに事務作業者が気付いたという。
投票終了後の投票総数が実際に投票した人の数よりも1枚多いことから1人の有権者に誤って2枚の投票用紙を渡した可能性が高いと判断した。
西ノ島町選挙管理委員会では再発防止を図るとしている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース