総裁選候補者にコロナ対策提言 全国知事会 新設・国民運動本部が要請へ

この記事をシェア

  • LINE
鳥取2021.09.13 19:22

全国知事会国民運動本部は政府や経済団体などと連携を図り政策の立案・提言をする組織として平井知事の会長就任を機に新設された。

オンラインで行われた第一回の会合では今月29日に投開票される自民党総裁選を前に立候補者に対する提言案を話し合った。

提言は主に10の項目からなり、新型コロナ関連では財源の確保や地方経済の支援。また相次ぐ災害に対する防災・減災計画の推進や少子化対策の強化を求めている。

全国知事会長 平井伸治鳥取県知事:「(衆院)総選挙後の政権を担う可能性も十分にあるという前提の重要な自民総裁選挙。このときに知事会のかねての懸案を(総裁選立候補者に)打ち込んでいくことが必要。」

今後、提言をまとめ総裁選告示後の22日に各候補者へ要請活動を行い、投開票前日には回答結果を公表する予定。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース