皆生トライアスロン 8月29日開催目指す 新型コロナ感染拡大受け規模縮小 5月下旬に最終判断

この記事をシェア

  • LINE
鳥取2021.04.30 12:04

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今年のトライアスロン皆生大会は、規模を縮小して準備を進めることなった。
去年7月中旬に開催される予定だった大会は新型コロナの影響で中止となった。こうした中、28日に大会本部の事務所開きがあり今年は競技区間の短縮や関連行事を取りやめるなどして8月29日の開催を目指して準備を進めることになった。
皆生トライアスロン協会 伊木隆司会長(米子市長):「トライアスロンの火を消さずに後世に伝えていく努力をしていきたい。」大会本部は新型コロナの感染状況もふまえ開催の最終判断を5月下旬に行うことにしている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース