出雲市営バス 海岸沿い走行中に高波に巻き込まれる 乗客骨折 島根県出雲市

この記事をシェア

  • LINE
島根2021.11.24 19:29

24日、出雲市で海岸沿いを走っていた市営バスが高波に巻き込まれて道路沿いのフェンスに倒れ掛かり、乗客がケガをした。

事故があったのは出雲市小伊津町の市道だ。

24日午前9時頃出雲市が運営する平田生活バスが海岸沿いを走行中に、波に巻き込まれバスのドアが開いたため、運転手がバスを停止。

ドアを閉めようとしたところ新たな波に巻き込まれてバスが道路沿いのフェンスに倒れ掛かかった。

当時、小伊津町に住む乗客の女性(65)と運転手が乗車していて、乗客の女性は右手首を骨折したという。

事故現場は明日まで通行止めとなっていて規制の解除については
状況を確認したうえで、決定するという。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース