丸山知事「1月は新型コロナ対応最優先に」島根県庁で仕事始め式 

この記事をシェア

  • LINE
島根2022.01.11 19:35

島根県庁でも11日仕事始め式が行われた。

島根県庁では2019年から働き方改革として、年末年始に長期休暇を取りやすくするよう休暇の分散取得を勧めていて、この時期の仕事始め式となった。

式には感染対策として部次長級の職員のみが出席。

丸山知事が、昨年末から県内で広がりを見せている新型コロナの収束に向けた決意を語った。

島根県 丸山達也知事:「新型コロナ対応と人口減少対策、島根創生の取り組みを両立させていくことが課題だが、この感染急拡大を受け、この1月はともかく新型コロナの対応を最優先としていく。」

丸山知事は今月はコロナ対策を最優先としつつも、経済活動との両立も図っていくよう職員に呼びかけた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース