64歳以下のワクチン接種いつから?を調査 若桜11日 津和野23日など

この記事をシェア

  • LINE
鳥取2021.06.10 19:23

山陰でも各地で高齢者向けの新型コロナワクチンの接種が進んでいるが、64歳以下の接種はいつごろ始まるのか?日本海テレビでは各自治体に電話調査を実施。各市町村の接種スケジュールをまとめた。
まずは鳥取県。64歳以下の接種開始、最も早いのは若桜町で11日から。次いで琴浦町で、今月21日、大山町で27日となっている。今月接種が始まるこの3町はいずれも対象は60歳から64歳の住民だ。また、倉吉市は、7月14日から基礎疾患がある人を対象に実施。、米子市と境港市では来月中旬に。鳥取市は現在協議中で、来週には大まかなスケジュールを発表する予定だ。自治体によって接種を優先する対象が決まっている。
一方、島根県では知夫村で既に64歳以下を対象とした村民の接種が始まっている。次いで津和野町が今月23日から始めるとしている。島根県でも優先して予約できる対象者は市町村ごとに異なっている。現段階では西ノ島町が40歳以上、川本町が50歳以上、美郷町は60歳以上の住民を優先する予定だ。また、基礎疾患のある人を対象に江津市では7月中に、大田市では7月中旬に実施の予定だ。人口が一番多い松江市では8月以降としている。
この他出雲市や安来市、雲南市浜田市は未定と回答している。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース