島根県 新型コロナ感染の5人 行動歴など明らかに 累計は362人

この記事をシェア

  • LINE
島根2021.05.04 19:44

島根県で感染が確認されたのは松江市在住者2人、県外在住者2人、邑南町在住者の1人。
松江市によると、島根県内358例目の患者は県外在住者で、4月29日から松江市に滞在していた。松江市在住の360例目と361例目の患者は、358例目の濃厚接触者としてPCR検査を行ったところ陽性が判明した。
また、島根県によると、邑南町在住の県内359例目の患者は351例目と352例目の同居者で、4月30日に行った検査では陰性だったが、2日に38度台の発熱と咳の症状があり、3日の再検査で陽性が判明した。この患者は発症日2週間前以降の期間に県外への往来があったという。
362例目の患者は県外在住者で、1日に車で浜田市に移動し、以降浜田市に滞在していた。島根県の感染確認はこれで362人となった。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース