新たに積雪 山陰地方は大雪ピーク過ぎる

この記事をシェア

  • LINE
島根2021.01.10 13:17

山陰地方では冬型の気圧配置が続いていて、9日夜から新たに雪が積もったところがある。
午前10時現在の各地の積雪は境港で35センチ、米子で26センチ、松江で18センチなどとなっていて、鳥取県西部では平野部でも多くなっている。
また気温が低い状態も続いていて、10日朝の最低気温は両県全ての観測地点で氷点下を記録した。気象台によると山陰地方では大雪のピークは過ぎたが、引き続き路面の凍結などに注意するよう呼びかけている。
[最低気温]鳥取市-2.6℃ 智頭町-7.9℃ 
      松江市-2.2℃ 飯南町-6.8℃
[積雪・午前10時現在)
      松江市18cm 奥出雲町横田103cm
      鳥取市17cm 米子市26cm 大山173cm

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース