「飲食店に給付金を…」丸山知事に要望

この記事をシェア

  • LINE
島根2021.02.20 20:19

新型コロナで大きな打撃を受ける島根県内の飲食事業者などが19日、丸山知事に支援の拡充を要望した。
出席した事業者は「政府は緊急事態宣言の対象地域にある飲食店に対しては、時短営業の協力金などを支給する一方、地方に対しては十分な支援が行われていない」と支援に偏りがある現状を訴えた。
また、「休業や廃業となっている飲食店は県内で100店にものぼる」などとして、事業を継続するため、返済の必要のない島根県独自の給付金の支給などを求めた。
丸山知事は、県独自の支援策については回答を保留したが、政府に対しては引き続き支援を強く求めていくと応えていた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース