新型コロナ新規感染者ゼロ 島根県5日連続・鳥取県3日連続 島根県ではブレイクスルー感染の割合増加

この記事をシェア

  • LINE
島根2021.10.11 19:50

新型コロナウイルスについて山陰両県では11日、前日の検査による新規感染者は確認されなかった。島根県で5日連続、鳥取県で3日連続となる。

島根県は7月から9月にかけてのワクチン接種者と未接種者の感染状況を発表した。

それによると、7月から9月に島根県内で確認された新型コロナ感染者1065人のうち、87.2%にあたる929人がワクチンを未接種だった。

また、ワクチンを2回接種してから2週間以上経って感染した「ブレイクスルー感染」については4.7%にあたる50人となった。

ワクチン接種率の上昇に伴い、ブレイクスルー感染の割合は7月が1.1%、8月が4.1%、9月が8.7%と増えている。

一方で、ブレイクスルー感染者のうち、重症者はおらず、中等症も少なく、県は重症化予防について高い効果が示されているとしている。

島根県は、ワクチンを2回接種済みであっても感染自体を完全に防ぐものではなく、接種前と同じように十分な感染対策を継続するよう呼び掛けている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース