松江市の神社 良縁願い「お水取りの儀」 「鏡の池」の水を結婚式場に

この記事をシェア

  • LINE
島根2021.10.12 18:07

縁結びの神社として知られる松江市の八重垣神社で池から水を移す神事「お水取りの儀」が行なわれた。

松江市の八重垣神社にある「鏡の池」は硬貨を乗せた紙を浮かべその沈み方で縁結びを占うことができる。

12日、この池の水を隣接する結婚式場の神殿の池に移す「お水取りの儀」が行われた。この神事は毎年神在月に行われており、10月中に式を控えている1組のカップルが参加した。汲み取った池の水は式場の神殿に運ばれ池に水が注がれた。

グランラセーレ八重垣 間所正典さん:「この儀式は結婚式をされる方の良縁を願っての儀式になるが、我々も今年も無事に安全に結婚式できるよう努力したいと思っています。」

参列した人たちは玉ぐしを捧げて今後の幸せを願っていた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース