ヤマモミジやヤマグリ100本植樹 松江市東出雲町 山陰東急会の25人

この記事をシェア

  • LINE
島根2021.11.24 18:13

23日東急グループで構成する山陰東急会が森林保全活動として松江市で植樹を行った。

松江市東出雲町で植樹を行ったのは、株式会社イーウェルと松江エクセルホテル東急の2社で構成する山陰東急会だ。今回の植樹は山陰東急会として島根県が設けている森林保全活動の制度に賛同し、行ったもの。参加したおよそ25人は県や森林組合の職員とともにヤマモミジやヤマグリの木、それぞれ100本を丁寧に植えていいた。

松江エクセルホテル東急 桑谷理恵販売促進マネジャー:「間伐材を商品や製品に利用出来たら。」

山陰東急会は今後も教育や環境などを軸とした社会貢献活動を行いたいとしている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース