【新型コロナ】 学校関係者の感染相次ぐ 鳥取県ではワクチン3回接種の男性も感染

この記事をシェア

  • LINE
鳥取2022.01.14 19:52

鳥取県は14日、前日の検査で新たに29人の感染を確認したと発表した。保健所別では米子が14人、鳥取市が9人、倉吉が6人となっている。このうち倉吉保健所管内で感染が確認された20代男性はワクチンの3回目接種を済ませていた。

学校関係者の感染も相次いでいる。鳥取大学は13日までに、学生と教職員の合わせて5人が。そして14日、新たに学生と職員5人の感染を確認したと発表した。
試験で使用する学内の施設はすでに消毒を終えていて、15日からの大学入学共通テストは、感染対策を講じたうえで予定通り実施する。また、鳥取市は14日、市立高草中学校の生徒一人の感染を発表。学校は14日から17日まで臨時休校の措置をとる予定。

鳥取市内では、世紀小学校と中ノ郷小学校でも児童の感染が確認され、15日から臨時休校の措置を取ることが発表された。休校期間は世紀小学校が18日まで、中ノ郷小学校が17日までとなる見込み。

また、ガイナーレ鳥取を運営するSC鳥取は14日、トップチームの選手1人とチーム関係者1人の感染を発表した。クラブでは、2人と接触があった人を対象にPCR検査を実施、全員の陰性が確認されている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース